倉田杯とは・・・

倉田寛之杯争奪1年生大会、いわゆる『倉田杯』は、松戸市サッカー協会とU-16大会実行委員会の主催のもと、松戸市内の高等学校サッカー部顧問有志により運営されている大会である。

2012年度の開催をもって第30回を迎える歴史のある大会で、毎年参加チーム数は30〜40チーム。
高等学校のサッカー部のみでなく、松戸市の中体連選抜・松戸市内クラブチーム等の第3種のチームを招待している。

大会の目的は、千葉県サッカーのU-16のレベルの向上と顧問・監督間の連携の強化!

U-16というと高校1年生の年代であるが、公式戦への出場の機会が少ない。
そのため、モチベーションの維持が大変難しいが、この倉田杯に出場することで、モチベーションの向上と、同年代の中での自分のレベルというものを実際に体で実感できる。

この大会の運営に携わるのは高等学校サッカー部顧問の有志であり、全員が松戸市を中心とした千葉県と日本のサッカーの発展を願う。