釘打ちのスパイクの裏 釘打ちのスパイクの裏
■+で9箇所の補強
↑の写真にあるように、本来の3箇所の補強にプラスで9箇所補強し、大幅に強度がアップ。
※スパイクの構造により補強の数は異なってきます。

■ポイントの際(きわ)に補強が出来る
スパイクで最も力が掛かる場所が裏の『ポイント』。そのポイントのそばに釘が打てるため、効果的に補強出来ます。

■お客様のプレースタイル・環境に合わせた補強
現在、サッカーは土(校庭)、人工芝、天然芝など多くの環境でプレーします。そのためその場所に合わせた補強をします。また、お客様のプレースタイルやいつも壊してしまう場所に合わせて補強します。

■使うもの
補強に使うものは、@くぎ A台 Bトンカチ C20年の経験(笑)です。

■釘打ちが出来るシューズ・出来ないシューズ
スパイクでも釘が打てないものもございます。一度ご相談ください。
※軽量スパイクでソールが薄いものは打てないものが多いです。


■価格
両足 \1,000 (当店でお買い上げのシューズは無料サービス)

■お時間
10分

■釘打ちの様子